月経周期が28日型の人は、排卵日が月経開始からおよそ14日目になります。しかし周期が定まらない方が排卵日を事前に知ることは、実際難しいとされています。

ところが案外簡単にその難問に答えることができるのです。それは、排卵が次の月経開始14日前頃に起きるということなのです。

月経周期が早くて30日、遅くて40日かかる人がいたと仮定します。するとその人は、早くて月経開始から17日目頃(30日より14日前)に、遅くて27日目頃(40日より14日前)に排卵するのです。そして、精子は結構長生きで射精してから4,5日は充分に受精能力があるのです。ところが卵子は排卵してから8時間しか受精できないのです。精子は毎日使うと減ってしまい、補充する期間も必要です。ですから、排卵日が近づいたら3日に1回か4日に1回程度、機会をもつのがいいのです。そして精子は卵を待っているのです。つまり、月経開始から17−27日の間に3回程度性行為の機会を持てばOKなのです。

これだけで、私の患者さんは何人も赤ちゃんに恵まれました。皆さんも早速今日から実践してみてください。それでも出来なかったら当院にいらしてください。

                  

そうです!犬や猫。サルやライオンの雄は雌に交尾の相談をするでしょうか?いえ、そんなことはありません。そんなことしているのは人間だけです。だからダメなのです。

性行為はとても難しい事で、相手に相談しているほど余裕はないのです。そんな相談している間に、しぼんじゃうでしょう!

その気になった時がチャンス?今しかないのです!!早くしなくちゃ!それでいいのです。性行為だけは自分勝手!これホントに重要!もっとも若くて元気な旦那さんは別ですよ。でも、基本的にオスはそうなんです。それで女性は受け入れます。大丈夫。保証つきです。

不妊治療に通っていると、夫婦が不仲になってしまうことがあるようです。それは、タイミング治療がいけないのです。性行為の日にちを指定されたらタマッタもんじゃないよ!そんなの無理に決まってんじゃん!

そうです!「その時」は男が決めるものなのです!いくら不妊治療中でも、それでいいのです。そう思っていてください。

でも、女性は弱い者です。特に赤ちゃんができない場合、女性は弱いのです。ご主人は、その辺は分かってあげて欲しい。ですから、「排卵日の推測」で書いたように、3−4日に一回程度でいいのです。排卵日が近付いたら、自分の仕事や、同僚との付き合いの予定を考えながら、夜も頑張ってほしいのです。これ、小島のお願いです!!!

追。奥さんの月経周期が分からなかったら、二人で見るカレンダーに月経開始日のチェックを付けてもらえば分かるようになります。このカレンダー作ること、案外・スゴク重要ですよー。

                    

最近、自分の奥さんを呼ぶのに嫁と言っている人がよくいますが、嫁はいけませんよねー。嫁というのは家長制度の昔使われた、女性を卑下する呼び方です。ご主人にとって自分の子供を産んでくれて、これから二人で家族を盛りたててゆく、とても大切な相手です。愛しみ、いたわっている気持が滲んでいるような呼び方をしてあげて下さい。男は強いんだから!まー精々うちの女房とか?

嫁が流行っているのは、バラエティー番組で受けを狙って悪乗りしている人たちが使っている死語です。そんなのに乗って、大切な自分の奥さんを間違っても嫁などと言って欲しくありません。お願いします。

前のページヘ ホームの戻る不妊症一口メモへ