卵巣で良く成熟した卵が排卵すると、直ちに卵管采より卵管内に取り込まれます。このことを卵のピックアップと言います。

クラミジアなどの細菌感染があると卵管の上皮細胞が傷つき、その修復過程で癒着が出来てしまいます。これは生命が命を守る営みなので仕方のないことなのですが、結果的に不妊症の原因になってしまいます。

卵管の中に出来た癒着は卵の輸送障害の原因になり、癒着部位で留まった受精卵は子宮外妊娠の原因にもなってしまいます。

卵管の外側に出来た癒着は卵のピックアップ障害や輸送障害の原因になります。卵管周囲の癒着は卵管の動を制限し、采部の癒着は卵のピックアップを障害してしまうのです。

これらの癒着は、子宮卵管造影法では正常と診断されてしまうことも多く、人工授精を行っても妊娠できない場合はこのような癒着を念頭におく必要があります。診断がつかず、結果的に原因不明不妊とされて放置されることになりがちです。


ホームの戻る不妊症一口メモへ 次のページへ