不妊症

院内のご案内
医師の紹介
腹腔鏡手術
もっと知りたい
不妊症治療


不妊症一口メモ  
関連書物のご紹介
リンク集
ホームに戻る


不妊症のことなら
小島レディースクリニック


静岡県沼津市大岡 1125-1

休診日:木曜・日曜・祝祭日
TEL:055-952-1133




不妊症 小島レディースクリニック


体外受精
  

体外受精とは、本来卵管で行われる精子と卵子の受精を体外で行い、発育した受精卵(胚)を子宮内に移植する不妊症治療の一方法です。これを体外受精・胚移植(IVF―ET)と言います。
1978年にイギリスで初めて成功して以来、飛躍的に進歩してきました。現在では毎年日本中で2万人の赤ちゃんが体外受精をはじめとした高度生殖医療により誕生しています。

              

              

体外受精の適応

人工授精や腹腔鏡手術を行っても妊娠しないカップルには、次のステップとして体外受精が行われます。その方達を整理すると次のようになります。

1. 卵管閉塞症:卵管が詰まっていると排卵した卵子が卵管のなかに入れず精子と出会うことができません。このような患者さんでは体外受精の適応になります。

2. 卵管周囲癒着症:卵管の周りが癒着していて排卵した卵子が卵管のなかに入りづらい方も、体外受精を受けることによって妊娠することができます。

3.  抗精子抗体陽性:頚管や子宮腔、卵管のなかに精子を動かなくしてしまう抗精子抗体が出来てしまう方がおりますが、このような患者さんには体外受精をすることで抗体に出会う場所をバイパスするのです。

4.  精子減少症:精子の数が少なく、人工授精を行っても妊娠できないカップルも体外受精をすることで妊娠が可能になります。

5. 子宮内膜症:子宮内膜症になると、お腹の中にさまざまな化学物質が増えて卵の発育や排卵、卵管の運動障害、さらには着床を阻害して不妊原因になります。

6. 子宮筋腫:着床を阻害するばかりでなく、卵管の運動を妨げたり、卵の発育障害になる場合もあります。

7. 原因不明不妊:さまざまな検査や治療を行っても不妊原因が分からず、妊娠できない方を原因不明不妊と定義します。じつは、このような方も不妊原因を持っていらっしゃる訳なのですが、現在の医学ではその原因を見つけ出すことが出来ないのです。そのような方も体外受精をすると不明な不妊原因をバイパスすることが出来て妊娠が可能になります。



                         培養室の様子


卵胞刺激法

体外受精では、出来るだけ良い卵を採卵して妊娠率を上げることが大切です。その為に卵巣を刺激してよい卵を多く採ろうとするのです。実際にはスプレキュアーやナサニールなどのGn-RHアナログ製剤の点鼻薬を使いながら、HMGやFSHを使う


1.ロング法(月経の一週間前からGn-RHアナログ製剤を使用する)
2.ショート法(月経2日目からGn-RHアナログ製剤を使用する)

Gn-RHアナログ製剤を使わない

3.まったくの自然周期法
4.クロミッド法
5.HMG法
6.Gn-RHアンタゴニスト法などがあります。


これらのうち、ロング法が最も良好胚が多く得られ、妊娠率の高いことが分かっています。私どもは以前からロング法を採用しており、高い妊娠率を維持してきました。

体外受精スケジュール
それでは具体的な体外受精の流れについて説明します。


1.体外受精治療周期前の高温期(月経一週間前)よりナサニール(点鼻薬)を開始。

               


2.体外受精施行日を月経開始20日目頃と決め、その9−11日前よりHMGの注射を開始(HMGは7−9回)します。この方法は予め採卵日が決められるので、ご主人やお仕事のある方には便利です。月経開始20日目頃に採卵すると妊娠率が上がり、HMGの使用で良い卵が5−6個採取できます。

               



3. HMG注射スケジュール中は診察をして卵胞の発育や子宮内膜の状態をモニターします。また血中エストロゲンも測定して卵子の成熟を待ってHCGを注射します。HCGの注射で卵子はさらに成熟し、排卵準備が完了します。

4. HCGを注射して36時間後には排卵しますので、排卵直前のタイミングで成熟した良い卵を採取します。

採卵(採卵の様子は体外受精の動画を参考にしてください)
採卵日当日は、ご夫婦で来院していただき、そのまま病室へ入っていただきます。部屋は全て個室で、トイレ、洗面、ソファー付です。暫く部屋で休んでいただき、スタッフが点滴を入れ、担当医の診察の後に手術室へ行きます。
採卵は清潔な手術室で、経膣超音波を見ながら正確に行います。私どもでは採卵時には麻酔をしますので、痛みの心配は全くありません。
超音波で観察しながら卵巣に針を刺して卵子を卵胞液と一緒に吸引します。採卵率を高めるために、空になった卵胞内を培養液で洗浄して再吸引します。この操作を卵胞毎に次々に行い、およそ10分ほどで終わります。
処置中は、痛みを取り除くために点滴から薬を入れて麻酔をしますが、終了時には麻酔を醒ます薬を使うのですぐに目が覚めます。この時患者さんは、「これから始まるのかな」と思う人が多いようです。

採精
ご主人は、医師のお話の後、部屋で待っていただきます。卵が採取できた後、スタッフがお部屋に電話しますので、精液を採っていただきます。
採精は、お部屋でマスターベーション法にてお願いしておりますが、ご希望によってはご自宅で採精することも可能です。
当院では、採精室を用意しておりません。
他人も使った専用の部屋で採精することに対する抵抗感を配慮してのことです。

媒精・受精・培養
1.採取した卵を培養液の中に移した後、インキュベータの中で静かに4−5時間培養します。その後、調整したご主人の精子を約10万個、卵の入った培養液に加えます。すると精子は卵に向かって我先に進んでゆきます。卵丘細胞を通って一匹の精子が卵子の中に入ると受精完了です。

2. 翌日に受精を確認して培養液を変え、2日目には2−4細胞に分割している受精卵を、3日目には8細胞に分割している受精卵を子宮に戻します。余剰卵があれば一部を凍結し、その他の受精卵をさらに培養して胚盤胞を目指します。胚盤胞にまで育った卵は凍結保存します。
 

     
        4分割卵         8分割卵         胚盤胞


胚移植          
採卵2日目の胚移植(早期胚移植)には、細いカテーテルの中に培養液と共に受精卵を吸入して子宮に戻します。お腹の上から子宮を超音波で映し出し、受精卵の入ったカテーテルが子宮に入る様子をモニター画面に映し出しながら移殖するのです。カテーテルは細くて非常に軟らかいので、子宮を傷つける事はありませんし、患者さんに痛みも全くありません。受精卵を子宮に戻した後は、そのまま帰宅できます。

                     

妊娠判定      
その後の生活に特別な注意点はなく、黄体ホルモン剤を毎日内服して2週間後に妊娠判定となります。
尿検査よりも早い段階で(胚移植後9−11日目頃)血液検査を行って判定することも可能です。

 

        

  このページのトップへ



前のページへ 次のページへ