不妊症

院内のご案内
医師の紹介
腹腔鏡手術
もっと知りたい
不妊症治療


不妊症一口メモ  
関連書物のご紹介
リンク集
ホームに戻る

不妊症のことなら
小島レディースクリニック


静岡県沼津市大岡 1125-1

休診日:木曜・日曜・祝祭日
TEL:055-952-1133

 


     
不妊症 小島レディースクリニック

 
  
小島レディースクリニックにおける
体外受精・顕微授精の妊娠率


治療周期数 妊娠例 妊娠率
体外受精(IVF) 702 222 31.6%
顕微授精(ICSI) 2394 591 24.7%
               
             (妊娠判定は胎嚢確認 平成10年〜28年)

※治療周期数とは、採卵出来なかった患者さんや採卵したがETが出来なかった患者 さんも含まれています。この数値は日本産婦人科学会生殖委員会に毎年報告している数値です。多年度に渡って治療されている患者さんがいらっしゃる為、患者さんあたりの妊娠数・妊娠率は検討しておりません






<体外受精・顕微授精治療時の妊娠とは>
 
体外受精や顕微授精の妊娠判定には、超音波による子宮内の胎嚢確認、尿中hcgの測定、血中hcgの測定などの方法があります。
少しでも早く妊娠を知るために、外来検査として血中hcgを測定することはとても良いことです。
しかしながら、血中hcgの測定で妊娠成立と診断された患者さんの中には、ごく初期に流産してしまい尿中hcg測定(通常の妊娠判断テスト)では陰性と診断されるケースも含まれており、また尿中hcgによる方法でも、胎嚢が確認される前に流産してしまうケースが含まれています。
これら、妊娠判定の方法で妊娠率は大きく異なり、さらに外的hcgの混入の問題があることより、国内で体外受精が行われ始めた時から学会ではhcg測定による方法は採用せず、子宮内の胎嚢確認をもって妊娠判定としています。

 
<妊娠率の算出方法>


体外受精や顕微授精の妊娠率の算出方法には色々あります。
主なものは、治療周期あたりの妊娠率と、採卵あたりの妊娠率と、胚移植(ET)あたりの妊娠率です。

治療周期とは、患者さんと医師が体外受精を行いましょうと決めて治療を始めた治療周期を指します。
治療周期には、卵胞を上手に育てようと試みましたが育たなかった周期や
          卵胞は育ったが、採卵が出来なかった周期
          採卵はできたが、受精しなかった周期
          受精したが良好胚が得られず、移植しなかった周期
          胚移植した周期  などが含まれます。

したがって治療周期あたりの妊娠率は低く、胚移植あたりの妊娠率は高く表示される事になりますので、胚移植あたりの妊娠率を体外受精の妊娠率として提示している施設もあります。
患者さんにとって、妊娠率とは治療周期あたりの妊娠率を意味していますので、当院では治療周期あたりの妊娠率を体外受精の妊娠率として採用しています。






解凍(融解)・胚移植の妊娠率
移植回数 妊娠数 妊娠率
体外受精(IVF)後の凍結胚 448 77 17.2%
顕微授精(ICSI)後の凍結胚 1743 291 16.7%
                      (胚移植あたりの妊娠率 平成14年〜28年)



このページのトップへ
前のページへ 次のページへ